新時代の「人財」に対する福利厚生のカタチ

福利厚生のカタチは新しい時代へ
会社のこれからの成長を支える
社長を含めた全員の支えが手に入る


掲載プラン※1 補償内容詳細

(ご注意)病気・所得を補償する特約およびフルタイム補償特約については、事業主、常勤の法人役員、社員、常勤のパート・アルバイトの方が対象となります。なお、所得を補償する特約は、保険期間の開始日時点で満75歳以上の方は対象となりません。

 

新しい価値観や生活様式

少子高齢化による労働人口の減少に向けて、企業や従業員を取り巻く環境は変化しており、健康管理を経営的に考え実践する健康経営®(経済産業省)がんや病気を抱えながら働くことができる環境を整備する治療と仕事の両立支援(厚生労働省)への取組も進んで来ています
さらには新型コロナウィルス感染症の流行により、新たな働き方の環境整備を行いながら成長するという価値観に国や企業、また働く一人一人の個人も同じく変化して来ています。
※「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

 しごとと生活様式の変化
 第64回福利厚生費調査結果報告|経団連

会社の資産をどこに使うのか?

新型コロナウィルス感染症の流行により、今まで行ってきた福利厚生はコロナ禍でも今までと同様の機能を果たしていたのか。
経団連公表による法定外福利費に占める「医療・健康」費用の割合近年増加傾向にあり、がんを含む病気やケガ・予測できない新たな感染症等への対策に向けて、従業員満足度の向上にもつながる福利厚生をどう見直すのか?が重要になります。

企業成長のカギは「人財」

今、貴社の成長を助けてくれている「人財」はもちろんのこと、新たに確保して行く「人財」は何を求めているのか
新しく採用する人財が求めているTOP2(「福利厚生の充実」や「健康や働き方の配慮」)の対策を行うことで人財の満足度を上げ、さらに今いる人財の万が一に対する経済的な不安を防ぎ、離職率の低下を期待できるので、企業存続・成長の一助になることは言うまでもありません。

 健康経営と労働市場の関係性

新しい変化の時代に変わらないことは何か?

 

新しい価値観や生活様式
仕事のやり方や環境、個々のライフスタイルも刻々と
変化して行く中で変わらないこと

変化に対応して行くために
企業の成長を支えてくれる

「人財」の大切さ

 

業務災害総合保険の採用メリット

 

人を大切に

成長を支える人財とその家族を大切にする

業務災害総合保険は企業単位での加入となるため、健康告知や人の入れ替わりによる手続きは不要で、全員を漏れなく補償することができます。
普段から事業に貢献してくれている本人だけでなく、家族の信頼・満足度を得ることができます。

会社の成長

会社ができる補償を示して成長に注力する

病気やケガ、また新しい感染症等の発生のその都度ごとに対策を行うと想定以上の出費が発生する可能性があります。
売上高方式による年間契約の固定保険料により、経費の変動が抑えられることで、事業計画を予定通り推進することができます。

人財確保・定着

人財確保と定着に向けて新しい福利厚生を準備する

万が一の際の従業員の負担を減らすことで、個々で加入中の医療保険だけに頼らず、福利厚生制度の充実に役立ちます。
「福利厚生の充実・健康や働き方の配慮」の対策、「健康経営・治療と仕事の両立支援」の取り組みは会社の内面・外面からの補強となります。

業務災害総合保険の補償内容・特長

業務災害総合保険では会社の規模や業種・商流に応じて補償内容が自由に設計できます。

業務災害総合保険について

保険金のお支払事例

 

ご契約企業様のお声


建設業 社長
年商5億円
いつもお世話になります。
この保険を採用して2年が経過しました。アルバイトも多い会社で社員はいろいろな補償がありますが、実際には今まで従業員だけでなく、アルバイトのケガや病気(※)での対応を頂いて助かっています。
補償を分かりやすくまとめた資料を頂き、全員に配布しているので従業員だけでなく、ご家族からの会社の評価の向上にも貢献して頂いています。
(※)病気を補償する特約については、事業主、常勤の法人役員、社員、常勤のパート・アルバイトの方が対象となります。

歯科医院 従業員
年商3,000万円
もともと持病があったので他の医療保険には加入が難しく、この保険に医院で加入していたのは知っていたのですが、既往症もあり、あまり多くは期待しておらず、話を聞いた際には何か加入されたんだなという程度で考えておりました。
実際には既往症とは関係のないヘルニアでの入院でしたが、2日間の入院で12万ほどかかっており、それが全額支払われて、医院が加入している保険で、ここまで従業員に補償されるものがある事に驚きました。

清掃業 社長
年商1.8億円
先日従業員の1人ががんになり対応して頂きました。
私も代替わりしたばかりで、どこまで会社が補償してあげられるのか不安な面がありましたが、入院自体は短い期間でしたが、その後の通院費も補償して頂き、従業員から感謝の声をもらいまして、保険に加入していて良かったなと実感しています。
まだ従業員も通院を継続しているので、引き続き宜しくお願いします。

 

よくあるご質問

お問い合わせの多いご質問を掲載致します。

保険料の算出にはどのような情報が必要ですか?

どんな業種でも加入できますか?

業種による保険料表はありますか?

法人でないと加入出来ないのですか?

健康診断や健康告知は全員必要ないですか?

業務災害総合保険は上乗せ(任意)労災でしょうか?

保険料は経費として計上できますか?

業務災害(ケガ)の補償は加入しているが、病気面の補償だけ加入できますか?

各種オンラインの取扱

取扱代理店:ワオント株式会社
〒160-0814 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル14F
お問い合わせ先 TEL:03-5325-6566

引受保険会社:AIG損害保険株式会社
〒160-0814 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル14F
承認番号:22G015 / 承認日:2022/6/14

●このホームページは保険商品の概要をご説明したものです。詳細につきましては、パンフレット等をご覧いただくか、取扱保険会社または弊社にお問い合わせください。また、ご契約に際しては、保険商品についての重要な情報を記載した重要事項説明書(「契約概要」「注意喚起情報」等)を、事前に必ずご覧ください。
●弊社の損害保険募集人は、保険契約締結の代理権を有しています。

TOP